ダイエットサプリの情報まとめサイト。健康的に痩せるサプリを紹介します!

ダイエットサプリ デメリット

ダイエットサプリ

「痩せたいけど運動は面倒だし、食事制限も続かない。」

ダイエットサプリって色んな種類がありますよね。

手軽にダイエット効果が得られると謳われているサプリですが、人気の高いものがすべてが体に良いものとは限りません!

最近では海外のダイエットサプリも進出してきていますが、実は大きな落とし穴もあるのです。

そんなダイエットサプリのデメリットを知った上で、ダイエットに取り入れるかを検討しましょう。

ダイエットサプリの恐怖!健康被害のデメリット

よく雑誌の広告や、芸能人のブログなんかでダイエットサプリの効果は抜群!みたいな口コミを見かけますよね。

半信半疑になりながらも「この芸能人も使っているし…」と軽い気持ちで始めていませんか?

それってダイエットサプリメントのいい所だけ紹介して、危険性の説明は無いことが多く、実はなんの信頼性もないんですよね…。

デメリットについては次の2点が挙げられます。

副作用による健康被害

サプリを飲んだだけでは痩せない

一つ目の副作用による健康被害、本当に怖いです。

海外製のものでは、なんと死亡例もあるのです!まともに成分表記をされておらず、日本では考えられない成分構成だったようです。

また、適量摂取しているのにも関わらず、頭痛や吐き気などの副作用が出るものもあるそうです。

これは日本製のものでもあるみたいですね。

二つ目、サプリを飲んだだけでは痩せないです。

飲むだけで痩せる、そんな魔法のようなものはありません!あくまで食事制限、運動などのダイエットの効果を高めるぐらいのものなのです。

飲むだけで痩せると思い込み、根拠のない安心感から、食事が増えて逆に太ることもありえます。

ダイエットサプリのデメリット

ダイエットサプリ

ダイエットサプリについて調べていると、しばしば目にする「飲むだけで痩せる」の文字。

そこにはそのサプリメントに配合されている成分の説明が延々とあり、どうも読んでいるとかなり説得力があるように感じてきます。

しかし、そういった類のダイエットサプリに騙されてはいけません。

はっきり言ってしまえば、その宣伝文句は「嘘」です。

飲むだけで痩せるダイエットサプリなど、今日本で手に入るものの中には存在しないといってもよいのです。

今は規制されてしまったようですが、ひと昔前までは、「ヤンヒー系ダイエット」といって、劇的なダイエット効果をもたらすサプリメントがネット等で販売されていました。

それで痩せたという声も多く、そのサプリメントはまさに「飲めば痩せる」を体現していたといえるでしょう。

しかしその実態は、ほとんどクスリと言ってもいいような代物でした。

サプリメントとは本来、何かを「補助」する役割のものです。

不足しがちな栄養素を補ったり、脂肪燃焼や糖分の分解など、ダイエットの手助けをしたり。

けれども、その劇薬ともいうべきサプリメントは、なんと飲むと「副作用」が現れたというのです。

腹痛、倦怠感、下痢、集中力の低下などがそれです。

そもそも副作用という言い回しが、サプリメントにはあってはならないものですし、痩せるかわりに体調を崩しては意味がありません。

そんな急激な痩せ方をしても、生活を改善しないかぎりはすぐにリバウンドをしてしまうでしょう。

つまり、飲めば痩せるサプリメントは、もうクスリといっていいほどに効果が強く、体の不良と引き換えに体重を落とすようなものであるのです。

それほどの効果をもたらすものはすぐに話題になって、規制の憂き目にあうでしょう。

ナノバランスなどの劇的な効果をもたらすサプリメントが禁止されてしまったことをみても、今現在手に入るサプリの中に、それほどの効果のあるものは存在しないと考えられます。

ダイエットサプリのデメリットがないのは日本製?

ダイエットサプリ日本で手に入るサプリメントが、劇的なダイエット効果もたらす可能性は低い、それはつまり「飲めば痩せる」と謳っているサプリが詐欺である蓋然性が高いということです。

それにある種「病的に」痩せたとしても、それはあまり見映えのよいものではありません。

そのようなサプリメントは購入を避け、老舗が販売しているような、信用できるサプリのみを飲用しましょう。

お金の絡むことです。そこは慎重にならねばなりません。

甘い考えは捨てて、ダイエットサプリを飲むだけでなく、運動と軽い食事制限を継続してやっていくこと。

これがダイエットをするときの鉄則なのです。

 

今流行りの海外サプリはコレ!

3つの海外サプリについて、なんで痩せられるのか?

それぞれの特徴や副作用、購入方法について紹介します。

ハイドロキシカット-Hydroxycut-

全米No.1のダイエットサプリメントで、日本にも進出してきています。

痩せる主な成分はグリーンコーヒー豆の成分とのこと。脂肪燃焼効果があると一部の研究で証明され、アメリカで流行になったようです。

気になる副作用ですが、カフェインを多く摂取するため吐き気や下痢、精神的に不安定になるなどの恐れがあります。

また、ヨヒンビン塩酸塩という医薬品成分も検出されており、健康被害が懸念されます。

日本ではネット通販で簡単に手に入るようです。

オルリスタット-Orlistat-

スイスで開発されたもので、脂肪吸収を抑える効果があると注目されています。

しかし、副作用が重篤で肝障害が出るため、厚生労働省から個人輸入の注意喚起されています。

しかし、検索すればすぐに通販サイトが出てきます。日本でも手に入ります。

ラズベリーケトン-Raspberry Ketone-

ラズベリーケトンという脂肪分解を促す成分がウリのサプリメントです。

即効性があり、美容効果も期待できるのだとか。

副作用は今のところ報告されてはいないようです。

こちらも通販で手に入ります。

3つの海外人気サプリを比較!

先ほど紹介したハイドロキシカット、オルリスタット、ラズベリーケトンですが、信頼性や価格も気になりますよね。

そこで簡単に比較してみました。

まずはハイドロキシカット

ブランド名信頼性価格
ハイドロキシカットOGBインターナショナル×60カプセルで6,700円

健康食品でありながら医薬品の成分を認めているため危険です。

次にオルリスタット。

ブランド名信頼性価格
オルリスタットロシュ(スイス)×120mgで6,000円

日本での個人輸入に注意喚起されているほどの商品です。

最後にラズベリーケトン

ブランド名信頼性価格
ズベリーケトンFDS(シンガポール、インド)60錠で3,500円

副作用は報告されていないものの、効果は個人差があるようです。

ダイエットサプリメントはしっかり見極めて!

ダイエットサプリメントのデメリット、主に海外製品の危険性についてお話ししてきました。

手軽なダイエットサプリメントですが、副作用が重篤で死に至る危険性もあります。

もしダイエットサプリメントを摂取する場合、製造元の確認、成分や副作用の危険性はどうかなど、調べておく必要がありますね。

ダイエットは食事制限や運動が基本ですが、どうしてもサプリメントを摂取したいという方は、人気だからなんとなく…という理由で海外のサプリメントは選ばず、信頼性のある日本で製造されたものを摂取してはどうでしょうか。

🔝本当に痩せるダイエットサプリ

ダイエットサプリ ランキング

「ダイエットサプリ デメリット」 一覧

ダイエットサプリ

痩せる限界の体重とは?

意外に知られていない人間の痩せる限界の体重 ダイエットサプリの中で1カ月に10キロ近くもやせられるというものよく見かけますが、これはほんとに恐ろしいもので、 普通の人が毎日12時間近く運動をして運動の ...

Copyright© ダイエットサプリの人気ランキングと口コミ【2018年決定版】 , 2018 All Rights Reserved.